猫が「カカカッ!」「ケケケッ!」と不思議な声で鳴く理由

スポンサーリンク
普段はかわいらしく「ニャ~」と鳴く猫たち。

そんな猫たちが突然「カカカッ!」や「クケケッ!」のような短い音をだして、
鳴いているのを聞いたことはありますか?

それは「クラッキング」と呼ばれる鳴き方のひとつ。
今回はこの不思議な鳴き方について、クローズアップしていきます。

クラッキング音

同じネコ科であるライオンやトラにはその行動は観察されておらず、猫だけが発する特別な鳴き方なんです。

クラッキング中の猫は、口を開けた状態で下顎を小刻みに動かすように声を出しています。
共通するのは短い連続音になっていることで、猫によって鳴き方は若干違ってきますよ。

クラッキング音の例

・「カカカッ」
・「ケケケッ」
・「クケックケケッ」
・「ウェウェッ」

我が家のラグドールのリズは甲高い声で「ワワッワワッ」って言っているように聞こえます。

猫がクラッキングで鳴くのはどんな時?

室内飼いの猫において、クラッキングする機会が1番多いのは「窓の外を見てる時」
窓の外にいる「鳥、虫、興味のある対象」に向かって鳴いているんです。

室内で天井や壁に向かって猫がクラッキングを始めたら、
嫌なお知らせですが、虫がいることが多いです……。
猫の視線の先を、目を凝らして探してみましょう。

虫じゃなかった場合は、天井や壁に映る光の反射が気になって鳴いていることもありますよ。

そもそもクラッキングする理由って?

クラッキングをする時は「鳥、虫、興味のある対象」がいる時とお伝えしました。
クラッキング中は瞳孔がひらくことで目がキラキラして見えたり、耳は前方を向きます。
さらにはおヒゲのレーダーも前方に向くことが多いですよ。

そこから推測するに「テンションが上がっている状態」なのは間違いなさそうです。
獲物のような何かを見つけると、本能からワクワクしてしまうのですね。

またクラッキングの特徴である短い連続音である鳴き方は、「鳥の鳴きマネ」をしているという説も。
猫の本来持つハンターとしての本能からくる行動と言えるでしょう。

「カカカ」とクラッキングをする猫動画

 

猫らしい「にゃ」という声と、「カカカカッ」のクラッキングが入り交ざって鳴いています。
生後9ヶ月の猫ちゃんですが、とっても上手なクラッキングですね!

まとめ

猫の不思議な鳴き声「クラッキング」。
狩りの本能からくる、とっても面白い行動でした。

まだ聞いたことのない方は、
愛猫が窓辺にいるときによく観察してみましょう。
獲物を驚かさないように、
とっても小さい声で鳴いていることが多いですよ。

窓の外の電柱や木に鳥が止まったら大チャンス。
かわいらしい「カカカ」音が聞こえてくるかもしれません♪

動くものだいすきニャ♪

⬇動画の音声付きで、いろんな猫の鳴き声を知りたい方はこちらの記事がおすすめです⬇

猫の鳴き声の意味を飼い主歴20数年が解説!動画音声で学ぶ猫の気持ち

スポンサーリンク